知的財産権を守る|業務フローが自由に設定できる在庫管理システム|役立つ管理方法

業務フローが自由に設定できる在庫管理システム|役立つ管理方法

ウーマン

知的財産権を守る

女の人

特許とはどういったものか

新聞やニュースでも度々耳にする事がある特許申請という言葉についてですが、そもそも特許というのは知的財産権の中にあるもので、分類すると商標、意匠、実用新案、特許と区分けされます。特許申請となると特許そのものを指しており、商標、意匠、実用新案それぞれ申請も別になってきます。では特許というのは一体どういったものを指すのでしょうか。特許というのは今まで世に無かった新しい手法、方法で形成する技術の事を指します。良く車や電子製品に関しても特許申請という言葉を聞きますが、それらは他の会社にない、自社独自の新しい技術の事を指しており、商品が市場に出れば他社に研究される可能性があるため特許申請をする事で自社の技術を守る事にあります。

他の知的財産権の内容

商標というのは、商品のブランド名や新しいネーミング、またはロゴの事を指します。例えば海外の有名スーパーブランドになるとそれらの名前は全て商標登録されている事でしょう。理由としては既に世の中に知れ渡っている部分と知名度があるからに他なりません。意匠に関しては商品の形状を指します。例えば自動車関係になるとこぞってこの意匠申請で色々と競争をされています。車もやはり見た目の部分が大きく影響される事がありますので、デザインを守るという事で意匠という知的財産権が存在します。実用新案に関してですが、これに関しては今既にある材料や技術を組み合わせて作る新しい手法、技術を指します。知的財産権についてはとても奥が深いですが、いずれも会社または個人の発明知識を守るためにあり、とても大切な制度だと思います。